2009年8月24日 月曜日

そこに、歯、あったんだ…  そこに、歯、あったんだ…

カテゴリー: 雑記 — Miyoshi @ 4:44:17  

約 1ヶ月前から、新しい歯医者さんに通い中。
前の歯医者さんは(ウチの)引っ越しに伴い、遠くなったから。
(ま、毎日その 1駅向こうまで相方は通っているわけだから、行けなかないけど。)

越して来たらば、
あ、歩いて行けそう。な範囲に元々 3件あったのだけれど、
家から見えるところに 2件(笑)
ちょっと行けば 1件
頑張って歩けば行けるところに 1件増えた。
こうなると、も、どこに行ったらいいか分からないので、
一番近いところに行ってみた。

検査の結果。大量に要治療箇所が発見され。m(_ _)m

このまま行くと重なりますか?な勢いで、前に出ていた前歯の内 1本が、
神経無いから気づかなかったでしょうが、凄い虫歯になってて、
裏だけ治しても(神経無いから)ゆくゆくは色も変わって来るし、
再治療行きの可能性大。
もうだめなんじゃ?な状態に近いので、差し歯にします宣言をされた。

(ちなみに、その歯は 6年前、
 物噛んだ拍子に縦にスライス Σ( ̄ロ ̄lll) されまして、
 裏側補強しますが、いつまで持つか分かりません…と
 前歯医者さんに告知されてしまった歯。)

あの…だったらば、差し歯をちょいちっちゃくして、
(私の前歯は、かなりでかい)
元の位置に入れちゃう。なんて出来ませんかね?
なんて恐る恐る聞いてみたらば、
その場で小さめの仮歯を作って見事にすっぽりと元の位置にはめ、
 鏡見て納得行けばこれで作りましょう。
 やっぱり小さいなぁと違和感感じるようなら、元のサイズにしましょう。
と、手鏡を渡され、まじまじと観察させて下さった所で、すっかり感動。

よかった。良い先生だった。。。(ToT)

3回目には、前の歯医者さんで放置された穴
(素人が見ても穴な状態なのに、何もされないってどうよ。)が塞がり、
4回目。

ものすごい意外なことを、先生がおっしゃった。
「この歯、裏側を治療した跡があるのですが…どうもしっかりして無くて、
 下まで隙間無く塗らなきゃいけない物が無いようで。
 その隙間からやられたんでしょうが、すごい虫歯になってまして。
 あ、そこも神経無いようなので、気づかなかったでしょうが…。
 たぶん、表からの見栄え重視で裏だけ削るようにしたとは思うのですが…、
 その後きちんとされてないと言いますか…、
 不自然な歯の形になってまして。
 なんでこうしたのか、ちょっと分からないんですけど…。」

ふっ、不自然な歯って、なんですか???

裏根元が穴あき気味なのは気づいてたけど、
(だから今回、歯医者に来たのさ~。)
詰め物緩んだ(or 外れた)んだと思ってたし。

そして、今回、正しい(!!)銀歯が出来てきた。

こ、ここに、歯、あるんですか。。。

と思うぐらいの奥行き(汗)
反対の歯と比べりゃ、あるのが正しいのが分かるんだけど。確かに。

この歯、いつどこでいじったっけか。。。(忘)
少なくとも、6年以上は斜めに薄っすい状態で生きてきたので、
不思議な感じです。

見たよ!と言って頂けると管理人が喜びます :
Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
[`yahoo` not found]
GREE にシェア
[`choix` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Delicious にシェア
[`friendfeed` not found]
LinkedIn にシェア
email this

なうで紹介
Clip to Evernote
 MySpaceに投稿
↓応援ありがとうございます♪ ランキング参加中↓
ブログランキング・にほんブログ村へ BlogPeople「IT・インターネット/ブログ・WEB」ブログランキング blogram投票ボタン 【トレミー】人気ブログランキング  ブログランキング参加中!

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
初めての方は、こちら をお読み下さい。

♪ 

from Twitter (0)

Facebook Comment

♪ 

©2006−2017 E Flat B倉庫 Blog | HTML convert time: 3.241 sec. Powered by WordPress